おすすめコンテンツ


Now Loading...
当カテゴリ件数:9件
並び替え:

支配者果歩 前編
0 (0)

動画

作品内容

果歩は新婚3か月。誠一と職場で知り合い結婚。

二歳年上の果歩は、もともとの勝気な性格もあり、積極的な性生活を送っていた。

そんなある時、誠一が1週間の出張。

誠一はキャリアウーマンの典型の上司と二人で京都へ。

初日の仕事が終わり、上司の言うままお酒を飲んで宿泊のホテルへ。

しかし、部屋はひとつ。すべて上司の計画だった。

誘惑され、耐えきれずにベッドへ

続きを読む

真性花音
0 (0)

動画

作品内容

「あ~、先月あの子、目を離した隙に逃げられちゃってから、うずうずしてしょうがないわ。」

花音は、真性のマゾ。

先月まで飼っていた子は、激しい花音の攻めに耐えきれず、1か月そこそこで逃げ出してしまった。

そんなある日、映画館に入る一人の少年に目が留まる。

花音は自分の美貌と性的な魅力を充分わかっている。

(私が誘えば断る男なんていない・・・)

少年の後に続いて映画館に入った。

「ここ、いいですか?」

がらがらの映画館で、少年の隣の席に座る。

すでに少年は、花音の迫力に圧倒され落ち着かない様子だ。

そして・・・、

花音の欲望を満たすために、少年は監禁された。 (本編27分)

続きを読む

内気な麻衣
0 (0)

動画

作品内容

二人は同棲を始めて半年たつ。

若い二人は、時間があると求め合っているが、麻衣は自分からやりたいとは未だに言えない。

大きな身体、目を見張る美人で男性の注目を一身に集める麻衣だが、内気な性格は治らない。

お互い夢のような生活を送っていたが、6月のある日、サトルに出張の命令が来た。

わずか1週間だが、麻衣にとっては酸素を奪われた魚のような必死の感覚だった。

サトルのいない1週間。

麻衣は初めてのぎこちないオナニーで、遠くのサトルを想う。

会いたい気持ちが膨れ上がり、熱い血が身体中を巡る。

そして1週間が経った・・・。

「ただいま~」

待ち焦がれていた麻衣の感情が爆発する・・・。

続きを読む

淫獣麗羅
0 (0)

動画

作品内容

身長2メートルの女医、臼井麗羅には、誰も知らない裏の顔があった。

昼間はセクシーな女医でその美貌と卑猥な身体で、男性患者の心を奪い、言い寄られること毎日のことだった。

しかし、特異な性癖のため、自分の好みに合った患者以外には興味がなかった。

そんなある日、発熱と腹痛で来院した患者がいた。

麗羅は一目見るなり気に入った。

麗羅の好みは、若くて小柄で細身。

それに顔の好みが合う人はなかなかいなかったのだが、この少年はまさにぴったりだった。

麗羅は少年を1日入院させ、自宅の誰も知らない秘密の部屋に監禁することを決めた。

「栄養剤ですから、これを飲んでください。」

それを飲んだ少年は、たちまち眠ってしまった。

少年が目覚めたのは車の中。

状況が把握できないまま、彼女の言うなりにエレベーターに乗り、

彼女の自宅の地下3階へと・・・・。

「いい?あなたは私を楽しませる生きてるおもちゃよ。おもちゃ。」

麗羅の性癖が爆発する・・・

続きを読む

霊界璃子
0 (0)

動画

作品内容

サトルは最近調子が悪いのが気になっていた。

病院に行ってもどこも悪くないと言われ、ビタミン剤をもらうだけだ。

そんなある時、たまに行くレストランに入るが、一人コーヒーを飲みながら晴れない気持ちを持て余していた。

「ここいいですか?」

考え事をしていて気が付かなかったが、目の前には目を疑うほどの大きな身体の女性が立っていた。

店内はサトル以外誰もいないのに、なぜ?と思ったが、そんな思いも吹き飛ぶくらい彼女は魅力的だった。

そして彼女の第一声は「あなた、霊がついてるわよ。」だった。

その霊は若い女性で、サトルに思いを寄せていたが、事故で亡くなった。

サトルはその女性を知らないが、よほど思いが強かったのか、サトルの精気を少しずつ奪っているということらしい。

最近体調がすぐれない理由は、どうやらこのせいらしい。

しばらく話を聞くと、彼女との幸せな姿を見せれば、諦めて成仏するらしい。

しかし、彼女はいない・・・。

「じゃあ、除霊するために私が彼女になってあげる。」
彼女はボクを抱き寄せ、きつくハグする。

「こっち見てるわ、ふふ」

続きを読む

肉食樹里
0 (0)

動画

作品内容

日本からアメリカに一人旅にきた少年は、ホテルの最上階のプールで、午後の日差しを浴びくつろいでいた。

しばらくすると女性が二人入ってきた。
初めに入ってきた女性は175センチぐらいで、(やっぱり外人は大きいなぁ・・)と思ったが、
後から入ってきた女性を見て、彼の心臓は止まりそうになった。

2メートルを優に超える大きさだ。220センチぐらいあるだろう。
そしてさらに驚いたのが、黒いビキニに収まり切れずに盛り上がった巨大な胸だった。

少年は、くつろぐどころではなく、彼女がいた1時間ぐらいの間中、ずっと心臓の高鳴りが止まらなかった。
そしてその場を去りがたく、結局女性たちが帰るまでプールでくつろぐ風を装いとどまっていた。

その日の夜、ホテルを出て買い物に行く途中、裏道に入ったところで後ろに人の気配を感じた。
ここはアメリカ、一瞬恐怖を感じ振り向くと、そこにいたのはあの巨大な女性だった。

彼女は立ちすくむ少年に近づき、巨大な胸越しに見下ろしながら話しかける。
「さっき私のこと見てたでしょう。」
しどろもどろになる少年にかまわず、少年をその場で犯し始める。

そして全体重をかけると少年は意識を失った。
プールにいたときから、この少年を持ち帰るつもりだったのだ。

しばらくして気が付いた少年は、ラブホテルのベッドの上に裸で寝かされていた。
「気が付いた?」

女性は、ゆっくり楽しみながら少年を味わていく。
少年にとっても夢のような時間は、ゆっくりと進んでいった。
そしてそれは、翌朝まで続いた。

しかし、それで終わりではなかった。

続きを読む

優の夏休み
0 (0)

動画

作品内容

サトルは大学生。
ひょんなことがきっかけで、190cm以上ありそうな超長身女性と知り合った。

すぐに同棲のような生活をはじめ、身も心も彼女の魅力の虜となった。

そんなある日、夏休みに1週間、旅行に行くことになった。

二人だけの愛を確かめ合う、夢のような時間になるはずだった。

続きを読む

痴女 鳴海コウ
0 (0)

動画

作品内容

鳴海コウ、28才。
身長190cm。高校時代バスケをやっていたが、今は普通のOL。

ある日喫茶店で一人でコーヒーを飲んでいると、小柄なかわいい男の子が入ってきた。
店内は2人きり。
彼もこっちを気にしているようだ。
まあ、この大きさでこの巨乳。気になるのも無理はない。

彼を食べようと思ったコウは、彼に声をかけ3日後にデートに誘う。

翌日学生時代の親友と会い、可愛い彼を見つけたと報告すると、彼女から提案があった。
それは・・・。

続きを読む