おすすめコンテンツ


Now Loading...
当カテゴリ件数:7件
並び替え:

寝取り病 ~好きでハメたいわけじゃないのに…~
0 (0)

アドベンチャー

作品内容

友達思い、家族思いな〈彩藤紗夜佳〉。
彼氏にも恵まれ、人との関わり合いだけでも幸せな日常を過ごしていた。

しかし、彼女の順風満帆な生活は謎の襲撃者によって壊される。
突然拉致された紗夜佳は実験台となり、ゾンビにされてしまう。しかも――

『君はただのゾンビではない。セックスをしなければ体が疼き、一週間間隔を空けると死ぬ』

幸い紗夜佳には彼氏〈燈己〉が居る。
彼とのセックスで渇きが満たされるはずなのに、肉体はまだ疼きを覚える。そこで衝撃の事実を知る。

『あなたは他人のパートナーを奪う性行為でなければ疼きが止まらないようですね』

人様のパートナーとの性行為――すなわち“寝取り”。
紗夜佳は自分の命と感情のどちらを優先するのか、究極の選択を迫られる事になる。

続きを読む

義母との淫密~妻には言えない肉欲リモートワーク~【Android版】
0 (0)

アドベンチャー

作品内容

妻の両親と同居中の“征輝”。
時世もあり自宅からリモートワークの日々が続いていた。

今日も一人で仕事をしながら悶々と……
しかも二世帯だから自慰をするタイミングも難しい。
となれば在宅ワークの隙間で……

しかしまさかの来訪者がやって来た――買い物に行ってたはずなのに!

そして、取り繕う間も無くその姿を妻の母“愛菜恵”に見られてしまう――

続きを読む

義母との淫密 ~妻には言えない肉欲リモートワーク~
0 (0)

アドベンチャー

作品内容

妻の両親と同居中の“征輝”。
時世もあり自宅からリモートワークの日々が続いていた。

そんな征輝の悩みは妻とのセックスが減っていること。
しかも二世帯だから自慰をするタイミングも難しい。
……となれば在宅ワークの隙間でオナるしかないのだ。

その最中、まさかの来訪者がやって来る。
買い物に行ってたはずの妻の母“愛菜恵”。
そして、取り繕う間も無くその姿を見られてしまう。

続きを読む

妻の巨乳姉とツンデレ妹からの淫密誘惑 ~バレてはいけない家庭内不倫~
0 (0)

アドベンチャー

作品内容

お嬢様系の学園に歴史教師として勤める『中川原悠司』。
そこで出会った理事長の娘『桜ヶ丘五月』と仲を深め結婚する。
それを機に悠司は妻の実家に住むことになった。
五月は三姉妹の次女で実家には、長女の『弥生』や三女の『葉月』も住んでおり
ひとつ屋根の下、同居生活が始まった。
少々『気疲れ』しそうだ……。
最初は、そう思っていた。
しかし現実は――長女と三女の過激なアプローチ。
悠司は戸惑いつつも二人との仲を深めていくことになる。

続きを読む

熟女の爛れた性春 ~まだまだオンナを捨てたわけじゃないのよ?~ 【Android版】
0 (0)

アドベンチャー

作品内容

ムッツリタイプの『藍子』とオープンな『菜穂』は幼馴染み。
性格も考えも違うけれど同じ相手を好きになったりとセンスが似ている。
お互いをフォローしあって青春時代を過ごしてきた。

ある日、久しぶりに再会し、飲みに行く事になった二人。

「ところでなんだけど……アンタ、最近、セックスしてる?」

と、藍子に問いかける菜穂。

「いきなりなに聞いてるのよ!?」

「あのさ、アタシ達の食べ頃ってもう過ぎちゃうの。
 アラフィフ手前の女はこれが最後の女盛りよ!
 どうせならヤれるだけヤッてもいいんじゃない!?」

後ろめたい藍子だったが結局、幼馴染みに流されてしまう。
そこから二人は逆ナン、合コンなどあらゆることに興じる。

そして一度経験した若い性欲にハマった二人はどんどん若い性を求め、
生涯最後の食べ歩きをし始めるのだった。

続きを読む

熟女の爛れた性春 ~まだまだオンナを捨てたわけじゃないのよ?~
0 (0)

アドベンチャー

作品内容

ムッツリタイプの『藍子』とオープンな『菜穂』は幼馴染み。
性格も考えも違うけれど同じ相手を好きになったりとセンスが似ている。
お互いをフォローしあって青春時代を過ごしてきた。

ある日、久しぶりに再会し、飲みに行く事になった二人。

「ところでなんだけど……アンタ、最近、セックスしてる?」

と、藍子に問いかける菜穂。

「いきなりなに聞いてるのよ!?」

「あのさ、アタシ達の食べ頃ってもう過ぎちゃうの。
 アラフィフ手前の女はこれが最後の女盛りよ!
 どうせならヤれるだけヤッてもいいんじゃない!?」

後ろめたい藍子だったが結局、幼馴染みに流されてしまう。
そこから二人は逆ナン、合コンなどあらゆることに興じる。

そして一度経験した若い性欲にハマった二人はどんどん若い性を求め、
生涯最後の食べ歩きをし始めるのだった。

続きを読む