おすすめコンテンツ


Now Loading...
当カテゴリ件数:1925件
並び替え:

美柑と野球拳
0 (0)

ロールプレイング

作品内容

衆人環視の野球拳イベントに出演する羽目になってしまった、大人びた性格の●●○年生の美柑ちゃん。
ジャンケンに負け続ければ大勢の下衆ロリコン共の前で一枚ずつ脱いでいき、下着や裸を撮られてしまい、
最後まで負ければ処女を奪われた挙句、観客に輪姦されてしまうことに……

続きを読む

エロアニメdeVTuberえっち1.5~憧れのあの子にドピュドピュ中出し♪~
0 (0)

動画

作品内容

恋人気分でラブラブあまあまセックスできる至高の時間をお届け♪
普段は画面の向こうにいるあの娘達があなたのおちんちんを優しく包み込んでくれます♪
巨根でズポズポ♪女の子もうっとり♪そのまま中出し♪

憧れの娘とベッドイン!!
今夜は好きな女の子に種付けし放題♪
あのシオンちゃんも股を開いちゃいます☆オチンポが気持ち良すぎて思わずアヘ顔に♪
可愛いパイパンマンコ丸出し♪

もちろん生ハメ!
「あぁん♪あっ♪んぁああぁあっ♪♪」
今宵は何もかも忘れてイチャイチャ交尾に励みましょう♪

続きを読む

人妻性態調査 case.村岡夕花
0 (0)

アクション

作品内容

秘密裏に調査を行い、ターゲットのすべてを暴き出せ。

調査対象に存在を気づかれたら最後、この調査を続けることはできない。
誰にもバレていないと油断しているスキを突き、
調査対象の身辺を探り、隠された本性を見つけ出せ。

第三者という視点から、人妻の隠された秘密をこっそりと暴き出す本作。
影の存在として彼女たちの動向を監視し、隠された秘密を見つけ出していく。
日常の顔と妻の顔、さらに隠されたもう1つのオンナの顔。
様々な情報から構成される、たった1つのシークレットファイルを完成させ、人妻の素顔と本性を丸裸にしてしまおう。

続きを読む

絶頂少女eゲームブック いいスライム vs 女冒険者パーティ
0 (0)

その他ゲーム

作品内容

君は自分が「いいスライム」であることに気付いていなかった。
むやみに屈強な男冒険者を襲っては、わずかな経験値にされていた。

そんなとき、女4人のパーティに遭遇する。
まだちいさく男勝りな「まほうせんし」と「とうぞく」。
豊満な体でメスの香りを立てる「そうりょ」と「まほうつかい」。

夜闇の中、街道脇でキャンプを張った彼女らは隙だらけだ。
しかしモンスターの奇襲は慣れっこでもある。

いかに反撃を喰らわず彼女たちを堕とせるか?
周辺で手に入るわずかなアイテムを使い、「いいスライム」としての経験を積んでフェロモンを高め、
ひとりずつ堕としてやろう。

続きを読む

魔法少女ピュア☆エンジェル
0 (0)

ロールプレイング

作品内容

敗北しかないRPG!? ついにやって来た! 魔法少女VS悪の組織編っ!!
悪の組織・ハメツダーンに潜入した魔法少女達。しかし、悪の組織の構成員達に敗れ、捉えられてしまう。

そこで薬漬けにされ、犯される魔法少女達であった・・・!
魔法少女新シリーズ!凌辱系RPGっ!!

続きを読む

俺、突然!女になっちゃったんだけど…男にヤラれている時ってこんな気分なのな!?(汗
0 (0)

ロールプレイング

作品内容

いつも通り深夜アニメを見てオナニーし寝落ちするオレ・桜山太郎丸
ある日目覚めてみると、オレのカラダがやたらとセクシーな女の子に変化していた!
顔もびっくりするぐらい、とびっきりの美女になってしまっていて‥‥
実際そのまま生活を始めてみると女特有の事情もあるし、下着すらもどう着ればいいのか分からない!
おしっこの仕方も分からないぐらい、女性として不慣れな日々に戸惑うばかり(汗

続きを読む

てにおはっ!feat.真美 〜マゾの悦び開放しましょ?〜
0 (0)

アドベンチャー

作品内容

夢と希望に満ち溢れ、新社会人の扉を開いたのも束の間。
悪夢のような1年を過ごし2年目を迎えた今となっては、全ては幻想……過去のものだ。

今日も今日とて脂ぎった上司から小煩い小言を聞かされ、傷心のまま跨いだ我が家の敷居。
憧れの一人暮らしは今や俺の心と同じく薄汚れており、洗い物の溜まったシンクを横目に半額弁当を貪る日々だ……。

「…………シコるか」

お気に入りの痴女作品をセットし、ゆっくりと……しかしながら徐々に熱を帯びていく自慰行為。
そのまま2発3発とティッシュに吐き出し、俺は恍惚と天を仰ぐ。

年々高まる性欲は、社会人になってからは更に歯止めが利かず。
更には自らの性癖もよりアブノーマルな物へと変化していき、今ではマゾ向け作品を漁る毎日だ。

「はぁ、どこかに居ないかなぁ……。ちんぽが枯れるまで搾り取ってくれる、生粋のドスケベ痴女……」
「更には色気ムンムンの年上美女で、ムチムチのエロい身体だったら言う事なしだよなぁ……」

一瞬見知った顔が脳裏に浮かぶが、すぐにブンブンと首を振る。

「いかんいかん、会社の同僚相手にナニ変な妄想をしてるんだ……」

いつも飄々とした態度で俺をからかう姫川先輩。
確かにルックスは抜群で色気も凄いが、流石にそんな人では無いだろう……。

だがそんな願望にも等しい疑念の答えは、すぐに白日の下に晒される事となり――。

「――キミの童貞、食べちゃってもいいかなぁ?」

妖艶な舌なめずりを見せながら、誘うような仕草で囁く彼女。
ズボンを撫で上げるねっとりとした手付きに導かれ、柔肌から臭い立つそのメスの香りで理性は沈み込み……。

その夜オレは彼女の下で喘ぎ狂いながら…………マゾとしての悦びを刻み込まれたのだった――――。

続きを読む